ヘンリー塚本作品をお得にお試し@ビギナー向けnavi

私ごとになりますが、はじめてヘンリー塚本を見たのは学生時代です。レンタル店で何気に借りた作品にハマりまして、いやぁ衝撃的で。店の奥にコソコソ入って恥ずかしい思いをして借りたビデオは確かAVだったはず。いったい俺は何を借りたのか?的な😂。

そりゃあヤってるんですけど、ズコバコヤってるんですけど、まあ何と言うか、もう低俗で卑猥なんだけれども人間の哀愁みたいなのがね、感じられたりして。AVというより作品として面白いんですよね。

で、たぶん、これからもそういう人が出てくると思うんですよ。ただ自分の体験を振り返れば、「最初に借りた作品が当たった」んです。中には絶対にコアなファン向けに作っているとしか思えない作品も(けっこう沢山)あって、そこから入るとファンが減る!

というわけで、「この辺から入りましょう!」という作品を取り上げます。例によってソクミルの初回全品半額を利用してお試し価格的にヘンリー塚本監督作品を楽しみましょう、というナビです。

ヘンリー塚本ファンを永遠に増やし続けたい!😊

昭和

ヘンリー塚本と言えばまず「昭和」ですが、まずこれ!

『ヘンリー塚本 ドラマチック昭和 色欲の六畳間』

ヘンリー塚本の昭和物の中でも「出征兵士に抱かれる」「盲目の按摩師」は数十年に渡って練られてきた設定で、様々なストーリーラインがあるんですが、この作品は両方とも40分台の中編になって一つの完成形みたいになってます。

スワップ

スワップというのもヘンリー塚本監督作品を語る上で重要なジャンルで手を変え品を変え様々な設定のものが作られていますが、ひとつ絞るならばやはり、

のぞき夫婦交換(スワップ)

風間ゆみ」「浅井舞香」「小早川怜子」というビッグネームそろい踏みみたいなキャスティング。「風間ゆみ」パートはまるで官能小説!

母娘丼

母娘丼という設定の中でピカ一の非道徳ぶりが光るのが「酒井ちなみ」が出演していたこれ。

『人生劇場 不純/非道徳/禁断 SEX』

酒井ちなみ」という”いい女”キャラから大きく逸脱している役どころという意味でも面白い作品。

レ●プ

このジャンルはヘンリー塚本監督作品に限ったことではないと思いますが、けっこう表現法が変わりましたよね。規制というよりも時代なんだと思います。ヘンリー作品で言うとリアルハード系→幻想系にw。

性犯罪(レ●プ)の夏 輪●(まわし)

妄想と現実を彷徨う感じ。惨劇というよりも秀麗さまで漂う。リアルハード系というとこういう作品が代表的ですが

日本婦女暴行全集

この手を好きな人は過去の作品を当たるしかないんだろうと。特に流血表現とかはほぼ皆無ですもんね、今。

農村/田舎

昭和との絡みというか派生ということだと思うんですが、ヘンリー塚本作品に欠かせないのが農村や田舎をテーマにした作品。

人生いろいろ おっぱいいろいろ

特に「塚田詩織」と「七海ひさ代」パートが陰鬱さ奇妙さエロさオチまですべて詰まった名作!これは見て欲しい!という作品です。

エレジー

数は多くないのですが、ヘンリー塚本作品には時折脈絡もなく、胸を締め付けられるような哀愁の漂うタイトルが挿入されたりするんですが、

セックスのない人生なんて!

そういう意味ではエレジーで固めた本作というのは異色作の部類に入るのかもしれないです。ちょっとこういう作風はヘンリー塚本監督以外にはなかなかお目にかかれない。

悲恋

嫁と舅のマジモン恋愛を描いた作品も数多くあるのですが設定が設定だけに哀愁が漂うわけです。中でも傑作はこれでしょう。

どうせこの世は男と女 性愛相姦図

本作品の中の特別編『嫁と父』(※1)。ポルノ界の名優「野上正義」と往年の大人気女優「米田友紀」のコンピが素晴らしい。本作は「渋谷あかね」「酒井ちなみ」「大沢萌」パートのどれも面白くおススメ!そしてこのプロットはこのように進化していきます。

あ~素敵なお父様

更に上記作品は弟子の手によって完全リメイクされました。

嫁・略奪-嫁と義父との肉欲の1825日-

比べて見るもの相当面白い!

秀麗

ヘンリー塚本監督作品は構図の美しさも何気にスゴイのですが、特にデジタル映像技術の発達によってもうエロなんだか癒し映像なんだか分からない作品も出てきてしまって、そんな自然が美しいエロを2本。ww

やらせる!男は何より女のソコが欲しいのだ!

軍事政権から逃亡する女たちの悲哀を描く作品。女たちも風景も儚い!

禁断の屋根裏部屋 母さんのいや(淫)らしい肉体

密入国してきた義理の息子と母娘の三者三様の愛憎劇。菜の花の咲き乱れる野道と母娘の心情の対比が見事すぎて。

仲良し

中高年のスキモノ夫婦の幸福を描いたタイトルというのは定番ではあって、思い出したように100本に1本くらいで出現していたのですが、そればかりを描いたシリーズが大ヒット!

中高年夫婦の性生活 7

ほのぼのとヤってばかりなんですが、なぜにこうも面白いのか?ヘンリーマジック!w

まだまだ紹介したい作品があるので、気が向いたら追加するかもしれませんが、ヘンリー塚本監督作品は「はじめて見たら憤慨必至」の作品でもよく知った後に見れば「味があって面白い」のです。本当です!😂

ぜひヘンリーワールドをお楽しみくださいませ。(*- -)(*_ _)ペコリ


※1:初出は2007年の『非道徳エロス 夫の父とできた嫁』ですが、本作にも全編再集録。女優名が「鈴木ゆり」ですが同じ作品です。

PR

Posted by rmzo