[無料動画&最新作レビュー] なかよし中年夫婦生活

FANZAの無料動画をお楽しみください。(❁ᴗ͈ˬᴗ͈)

[レビュー]

『なかよし中年夫婦生活』(2021/05/01)のレビューです

2014年5月にリリースされた『中高年夫婦の性生活』はファンにとっては大変モニュメントな作品だった。ヘンリー塚本監督作品において、夫婦愛を真っすぐに描く作品は後になるほどパラパラと出て来てはいたのだが、全編に渡り非道徳さもなければ品性下劣なストーリーもなく(いや、少なくw)描かれた中高年の様々な人生の一幕は、こう言っては何だが、それまでのどんなプロットの作品よりもリアルであった。

長く見ていれば見ているほどそうだと思うが、ヘンリー塚本という名のついた作品に期待するのは、一種の、怖いもの見たさ的な感情がある。人間にある暗い欲望を覗き見したいというような思いを絶望的に裏切る作品ではあったが、見終わった後の充足感というのは只ならぬものがあって、年に1本~2本制作されたこのシリーズはヘンリー塚本監督作品の後期を飾る人気シリーズになった。本作はその流れを引き継ぐものと言える。

構成は117分に対して6本で時間配分はほぼ均等だからFA的スタンダード。出演者は「黒澤雪」「藤岡奈月」を除き初出演でこれもまた伝統芸である。ストーリー的にはヘンリー塚本作品を下敷きにしたものもあれば初見のものもありバラエティに富んでいる。第1話「年の差夫婦は朝っぱらから」の強壮剤を飲んでボッキーンとする話は『中高年夫婦の性生活 5』(2015年)の「きた!家内も驚く勃起薬月4で狂ってます」を彷彿とさせるし、第3話「旦那の目覚めに一発」の眠っている亭主のち●ぽを咥えて起こすプロットと構図は定番でもある。

一方、第4話「恋女房に燃えた一夜」の宿泊した熟年夫婦が久しぶりのセックスで互いの存在を新たにする話は目新しい上にほのぼのハートフルであり、マニアなことを言えば、いつもより年かさの増した「学万次郎」や「ジョニー岡本」といった男優の姿も楽しい。ヘンリー塚本監督作品の叩きつけるようなインパクトは乏しく、古いファンとしては寂しさ半分という感覚がないと言えば嘘になるが、これはまた違う意味で面白い。しみじみとしたエロはFAプロの独壇場だな。

なお、各タイトルと出演者は下記の通り。

1.「年の差夫婦は朝っぱらから」は「広瀬結香」
2.「全治二か月でもアッチは元気」は「久保今日子」
3.「旦那の目覚めに一発」は「黒澤雪」
4.「恋女房に燃えた一夜」は「藤岡奈月」
5.「徹夜明けでも夫婦生活欠かしません」は「高宮菜々子」
6.「熟年夫婦 二人だけの時間」は「新倉まさみ」

ちなみに第6話「熟年夫婦 二人だけの時間」はもっとドヘンタイプレイをやれ。😂

高画質フル動画はこちら

出演:広瀬結香 久保今日子 黒澤雪 藤岡奈月 高宮菜々子 新倉まさみ