[無料動画&最新作レビュー] ザ・和姦8 犯●れた男に狂う妻 武藤あやか

FANZAの無料動画をお楽しみください。(❁ᴗ͈ˬᴗ͈)

[レビュー]

先月に引き続き、ながえ監督の最新作は『ザ・和姦』シリーズ。「武藤あやか」はこれで10本目くらいになるだろうか。ながえスタイルの主力な女優と言って良いだろう。大変上手い女優で、美しさといい、映像映えといい、普通の女優と遜色ないと思う。20年くらい前と質的に全く別物というか、業界自体が発展してきたことを改めて感じる。

ながえ監督がストーリーテラーとして卓越しているのは、いわゆるAVのシリーズというものはストーリーおいてパターン化することが多く、それは師であるヘンリー塚本監督もそうであった。そもそも同じストーリーでも女優が変わればイメージが全く変わるので、いわばルーティーンの面白さというものもあるのだが、ながえ監督の場合はシリーズは飽くまでコンセプトが同じなのであって、ストーリーはタイトル毎に変えてくる。これはヘンリー塚本系で言えば濱竜二監督もそうだから、やはり映像界出身の監督は見方が違うのかもしれない。

物語は仲の良い隣人の妻が臨月を迎えたところから始まる。仲睦まじい夫婦の姿を見て羨んだのも束の間、その夫はとんでもないゲス野郎で、妻を気遣う態度は全て”外向き”であり、本当の顔は人間性の欠片もない。本当の顔に思わず遭遇してしまった妻はムリヤリ捻じ込まれ、憎しみと自分の夫にはない快楽の狭間で煩悶する。

共有”してしまった”秘密は互いに肉体を重ねたという物理的な事実だけではない。サスペンス仕立てというか、起承転結で言えば、起承転転転という具合に展開の一つ一つが目を離せない。

圧巻なのは長廻しのセックスで、「武藤あやか」という無駄肉のない痩身だが豊満な乳房とアンバランスなデカ乳輪のそれでなくともエロい肉体が、犯され、捻じれ、突き上げられるたびにうねり、軋み、やがてブッ太いモノを受け入れていく変遷が秀麗な構図と共に綴られていく。ことごとく質の高いながえ監督作品でも頭一つ抜けている感。圧巻!傑作だな、これ。

ちなみに生まれて来た赤ちゃんの名前が「あやか」というのはちょっとした笑い。

高画質フル動画はこちら

出演:武藤あやか