[無料動画&最新作レビュー] おっぱい ほどよく熟れた柔らかな果実

FANZAの無料動画をお楽しみください。(❁ᴗ͈ˬᴗ͈)

[レビュー]

『おっぱい ほどよく熟れた柔らかな果実』(2021/04/13)のレビューです

今回はヘンリー塚本監督時代からの定番おっぱい物。ファンっぽいことを言うとw、FAプロ作品のおっぱい物は”おっぱいにまつわるストーリー物”と”おっぱいフェチ物”があって、これは前者。様々な立場──部下、妹、孫、未亡人など──の巨乳女とのエロ事模様をまとめて一本の作品に。

構成は117分に短編6本なのでちょい短めではあるがFAプロ的スタンダード。出演者は「相澤ゆりな」「彩奈リナ」はヘンリー塚本監督時代からの常連だが、他の4人「水森めぐ」「純岡美乃理」「広瀬みつは」「九条りさ」はデビューから日の浅い女優で初出演。このキャリアの短い女優を積極起用してマッチングすれば常連になっていくという起用法は伝統芸なのだが、本作は各編によって落差の大きなものにw。

基本的にヘンリー塚本監督作品を下敷きにしてストーリーを発展させた作りになっている。それぞれが既に目にしているプロットであり構図だが、ストーリーが変化球になっているので古いファンでも楽しい。

特に「子供服のおっぱい」の「相澤ゆりな」パートはロリ物の定番中の定番のプロットではあるが、「相澤ゆりな」という、やりようによっては完全に炉に見える女優をわざと実年齢に即した役柄にして、OLが愛人の社長の求めに応じて倒錯プレイをしているんだぞ的な設定は、ヘンリー塚本監督作品において、アラサーなのに自主的に幼い恰好をした、ぶっ飛ばすぞワレw!な炉物から比べて確実に進化している。変態だがw。

「妹のおっぱい」はなかなか良くて、結婚する想い人との最後のセックスというプロットはヘンリー塚本監督作品の代表的なエレジー物で、例えば有名な黄色いハンカチをもじった作品などがあるのだが(『エロチックな夜の為に… アパート同棲時代』 ※初出は2006年)、本来常識的な兄と妹がガチで感情と肉体をぶつけ合うというストーリーはこれまでなかったと思う。

ファン的に見ればおじいちゃんがムチャ似合うようになった「染島貢」(もとはイケメン俳優ですから!w)の姿に感無量とか、喪服というのはやはりクるものがあるし、淫欲な芸術家も定番よりキれていて興味深いが、まあ好き好きというところか。

なお、各タイトルと出演者は下記の通り。

1.「子供服のおっぱい」は「相澤ゆりな」
2.「妹のおっぱい」は「水森めぐ」
3.「レオタードのおっぱい」は「純岡美乃理」
4.「孫のおっぱい」は「広瀬みつは」
5.「喪服のおっぱい」は「彩奈リナ」
6.「芸術のおっぱい」は「九条りさ」

ちなみに「レオタードのおっぱい」のプロットはむしろながえ監督作品だな。こういうの(『旦那にばれた!妻のセックス浮気現場』 2008年)w。

高画質フル動画はこちら

出演:広瀬みつは 彩奈リナ 九条りさ 相澤ゆりな 純岡美乃理 水森めぐ