[無料動画&最新作レビュー] ママとやる 母さん、お○んこやりたいんでしょ?/言いなりママとサド息子/赤ちゃんプレイと不倫人妻/寝込んだ母を見舞う息子/僕のぺ○スに夢中なママ

FANZAの無料動画をお楽しみください。(❁ᴗ͈ˬᴗ͈)

[レビュー]

『ママとやる』(2021/03/01)のレビューです

歪んだ非道徳な母と息子の関係を描くFAプロお得意の作品ということができよう。108分の作品に対して短編5本でFA的スタンダードな作りである。出演女優は全員既出であり、実力派が揃っており、特に「白鳥寿美礼」「緒方泰子」はヘンリー塚本監督作品の時代から出演していた常連。さすがの安定感。

母と息子(父と娘でも良いのだが)という関係性で言うと、ヘンリー塚本監督は義理にこだわったところがあって、基本義理と思って間違いないというくらい義理好きであった。故に「きんしんそうかん」というテーマには「近親」ではなく「禁親」という字を充てたのだろうと思っているが、ヘンリー塚本監督後、義理は設定の一つとなった。これが大きな違いであると思う。

1.「母さん、お○んこやりたいんでしょ?」は「本庄瞳」が出演。中年である母という概念をぶっ飛ばす抜群の肉体に対して、心細く弱い中年女を見事に表現。後段の目と目で通じ合い即セックスは伝統芸w。今更だが「吉村文孝」太ったよなー。

2.「言いなりママとサド息子」は「柏木舞子」が出演。この女優の寂寥感は素晴らしいと思う。変態M息子の倒錯プレイにハマってしまう母だが、その回答がきちんと用意されてある。現代社会の歪みそのものですな。w

3.「赤ちゃんプレイと不倫人妻」は「月原和奈」が出演。息子は登場するのが箸休め的な挿話。このドヘンタイな赤ちゃんプレイも伝統芸の一つで様々な女優が演じた(『ヘンリー塚本の色っぽい女たちのおっぱいフェチ』の「根本あきこ」など)。いつ見ても超絶なバカさ加減。😂

4.「寝込んだ母を見舞う息子」は「白鳥寿美礼」が出演。この女優の豊満”過ぎる”肉体とハスキーボイスの組み合わせは本当に独特の魅力。病床にある女に対して自分の勝手な都合で相手にさせるというプロットは珍しいものではいが、これがマザコン息子と絡めると愛情も肉欲も大した違いはないかな、と。ww

5.「僕のぺ○スに夢中なママ」は「緒方泰子」が出演。一転、子離れできない母親の話だが離れられない現象はち●ぽであるから、4と対になっている構成。執着の仕方が刹那的で良い。w

やっぱりFA的の短編集というのは構成も含めて一つの作品なんだなぁ…。と思う。再編物でもこの点はかなり気を遣っているのではないか。ところで、非常にヘンリー塚本監督に近く、しかしユーモアがところどころに挿入(ち●ぽではないw)される表現──例えば、1の「吉村文孝」パートの頭など(※)を見ると本作は赤羽菊次郎監督っぽい。判明する日が来るかは分からんが。w

※このオリジナルはながえ監督だろうと思う。

高画質フル動画はこちら

出演:本庄瞳 柏木舞子 月原和奈 白鳥寿美礼 緒方泰子