君島冴子 [Saeko Kimishima] 別名:AOI.

2020-12-01

女優名:AOI.⇒君島冴子(正式)│別名:村上葵 赤坂ナツミ 羽田葵 紗江子

デビューは2004年3月4日の『2004年 ソフトオンデマンド 会社案内(SOD)』ではないか。「羽田葵(SOD社員)」だったが次作目から正式名義である「AOI.」とテロップされた。2007年2月に引退を宣言。同年11月に「君島冴子」名義で再デビューという流れになると思う。170㎝の長身美脚を売りに出てきた女優であるが、関西弁丸出しの痴女行為をブチかまして話題をさらった。

登録『出演作品』

実際に170㎝あったのかは微妙な感じではあるが、シルエットにしても売れるんじゃないかと思うほどの美しいプロポーションで、更に顔立ちが綺麗で、翌年には”腋毛女優”となったのが印象深い。腋毛女優というと元祖は「黒木香」であるが、久々の大型腋毛女優の登場ということで覚えている人もいるのではないかと思う。

もちろん美しい顔立ちに変化はないが「AOI.」と「君島冴子」の間には結構な違いがあり、前者は美貧乳なスレンダーお姉さんである一方、後者は巨乳な熟女で引退間近になると少しふっくらした感がある。フィルモグラフィーを追っても役柄に大きな隔たりがあり、完全に”キャラを変えた”ことが伺われる。

FAプロ作品には「AOI.」時代のみの出演で、同時代の作品がお姉さんであったのに対しやや熟女寄りではあったが、腋毛でレズで不倫妻で「AOI.」というキャラを大きく外れてはいない。丁度、同じく腋毛女優であった「湊みらい」が御用達女優であったことから腋毛レズ物が制作されたりして楽しませてくれた。

ただ、ヘンリー塚本作品における「AOI.」はヒールとして描かれる傾向にはあったと思う。クールフェイスであることが影響しているのだと思うが、罪悪感の欠片もなしに男を奪う性悪女であり、痴漢欲求を満たすために不敵な笑みを浮かべる変態女であり、そしてそれは良く似合ったw。


『ネコとタチ 性戯48手』
(2006年)二大腋毛女優「君島冴子」「湊みらい」の狂宴♡

2009年に引退。引退作『美顔 君島冴子』は溜池ゴロー監督によって制作された。最終的にFAプロ作品には30本弱、ながえスタイルには5本ほど出演したと思う。

なお、クィーンロードに出演している現役のAoi女王様は=「君島冴子」という説があるが…どうなんだろうか?判別がつかないので興味のある方はどうぞ。『女神AOI監修 究極の脳イキ 【アナガズム・エクスタシー】 Vol.01 Aoi』

icon-pencil-square-o 基本情報

 icon-beer 1979年2月17日  icon-home 大阪府  icon-female T170 B85(D)-W60-H90

デビュー 2004年 ソフトオンデマンド 会社案内 2004/03/04 ※廃盤
再デビュー アナル奴隷夫人 君島冴子 2007/11/07 ※廃盤
引退作 美顔 君島冴子 2009/05/01

icon-pencil-square-o 出演作品