結衣美沙 [Misa Yui] 別名:結衣

2020-12-01

女優名:結衣美沙⇒結衣(正式)│別名:大塚美沙

2004年7月9日に『艶熟 生出し VOL.4』でアイルビークリエイトから「結衣美沙」名義でデビュー。2005年にフリーになり「結衣」と改名。デビュー当時はショートカットで色んな意味でデキるおばさん風だったのが印象深い。

登録『出演作品』

「結衣美沙」というと、OL、人妻、レズ、マゾ女、緊縛、アナルファックからスカトロまで何でもござれという驚異的な守備範囲の広さに特徴があって、それも女優経験の中で蓄積発展していったというよりも最初っから完成されていてブッ飛ばしていた。デビューは30歳くらいだと思うのだが、一体どんな”性”活を送ってきたのか興味は尽きない。

清楚な美顔でスタイルも良く、町内にいたら「あの奥さんキレイだよね~」と密かなオヤジファンがつくことが確実の地味系隠れ美人とでもいうか、容姿とド変態性の乖離は地球と月よりも遠くエロ度は超絶高かったが、何かの要素が目立っていたというわけではなかった。

この”特化しにくいスペックの高さ”が「結衣美沙」をオールラウンドプレーヤーにした一因ではあるのだろう。FAプロ作品でも時に嬲られ、時に縛られ、時にストーカーで時にレズビアンであって絞り込みが難しい。ただヘンリー塚本作品における「結衣美沙」は物憂げな寂寥感のある表情を多く捉えていたと思う。

「結衣美沙」という女優は恐らくヘンリー塚本作品の中でも上位を争うであろう演技力の高さも擁していて、特にレイプ物などは迫真を伴い「抜くどころじゃねーだろ!\(-_-;)バシッ!!」という事もままあったものだ。まあ、”抜くことだけ”を目的にヘンリー塚本作品を見る人もそうそういないだろうがww。


『連続忍び込み暴行魔 男に飢えた女たちの部屋』
(2009年)「結衣美沙」の寂寥漂う一枚

2007年8月をもってAV女優の引退を宣言しフリーになってから行っていたストリップも同時に引退。引退作はヘンリー塚本監督の手で制作された。『引退記念作品 結衣の卑猥な花弁がいっぱい 濡れて、淫れて、狂おしく…』(2007年11月 ※廃盤)

最終的にFAプロ作品には50本ほど、ながえスタイルにも5本ほど出演したと思う。当代の主要な女優であった。

icon-pencil-square-o 基本情報

 icon-beer 1974年7月11日  icon-home 北海道  icon-female T156 B86(D)-W59-H87

デビュー 艶熟 生出し VOL.4 2004/07/09 ※廃盤

icon-pencil-square-o 出演作品