北条アミ [Ami Hojo]  別名:由紀なつ碧

女優名:北条アミ/北条あみ⇒由紀なつ碧(正式)│別名:美波翔子 岡村春子 菅谷もも 美波翔子 西野優子 大島みゆき

デビューは2006年6月21日の『団地妻 白昼の不貞に溺れる発情現場 もう、この疼きは主人じゃ満たされないの・・・』(アテナ映像)あたりになるだろうか。FAプロでは「北条アミ」と記載されることが多かったが、どうも正式は「北条あみ」であるようだ。一時期、リリースが低調な時期があって、もしかしたら事実上引退を挟んでいるのかもしれないが、2015年より「由紀なつ碧」に改名したという流れになるだろう。

登録『出演作品』

「北条アミ」という女優は元々”男好き”する要素が揃っていると思う。薄倖さを醸す顔立ち、色白もち肌の美肌、ボリュームのある美爆乳。特に「由紀なつ碧」となってからはむちむち度に一層磨きがかかりw、熟女女優としての重要なマターは備えている筈なのだがイマイチ目立たないのが不思議である。

この不思議と目立たない傾向は「北条アミ」時代に出演したヘンリー塚本作品においても同じであったと思う。困ったような表情がデフォルトで控え目で(もちろん脱げばむちむちプリンだしw)印象に残らないわけではないのだが、どうも「北条アミ」という女優名と結びつかない。というか影が薄い。

言うなれば川べりに咲く名もない花的な。よくよく見たらそんじゃそこらの売っている花よりも断然に綺麗だったというような女優であろう。ヘンリー塚本作品における「北条アミ」の属性は一貫して”人妻”であり、一見清楚で身持ちが硬そうでありながら、簡単に他の男のち●ぽを咥え込む、言うなれ主体性のない妻として描かれる傾向にあったと思う。

ふわふわと隙だらけで、情欲を秘めてはいるが表に出すこともできず、誘われるがままに罪悪感もそこそこに不倫をしてはそれはそれとして何事もなかったように家に帰る。ある意味怖いw


『変態熟女・淑女・中年女』
(2010年※元作品は2008年)情欲を見透かされ3Pされてしまう人妻を演じた「北条アミ」

更新時現在、引退はしていないのだと思うが、FAプロ作品には10本くらい、ながえスタイルにも数本出演した。ヘンリー塚本作品におけるゆる系浮気妻であった。評価せよ!w

icon-pencil-square-o 基本情報

 icon-beer 1973年12月14日  icon-home —  icon-female T164 B98(G)-W62-H88

デビュー 団地妻 白昼の不貞に溺れる発情現場 もう、この疼きは主人じゃ満たされないの・・・ 2006/06/21

icon-pencil-square-o 出演作品