[レビュー] -溺愛- 生徒会長M 荒牧しおり

2018-08-10

FAプロにおける少女物担当とでも言うべき「濱竜二」監督の前シリーズ「性愛」に続く「溺愛」の第一作。エロの中に内在する確かなストーリーとでもいうべきFAプロらしさを美少女で踏襲する若き監督のポテンシャルの高さには舌を巻くしかなかったのだが、果たしてこの時点で更に高みに上っていく様を想像できただろうか。

「生徒会長M」に内在する確かなストーリーは、セックスによってでしかリアルを感じられない主人公(真面目な生徒会長)の秘匿性であり、男に調教されることによって目覚ていくM性と変態性の記録と言っていいと思う。

基本的なプロットは「性愛」を引き継いでいるが、但し、新シリーズだけあってこれまでの経験で獲得した構図を余すところなく盛り込んだといった意気込みが感じられる作品であって、純朴だが、制服の下に眠っているエロス──本人すらも気づいていないだろう──の解放といった、例の「俺色に染まれ~」的な、蠱惑と背徳を”積み重ね”ていく。

それは結果的に「溺愛」というシリーズに多用されていく「荒牧しおり」という、ちょっとブサカワで異様に綺麗な色白むちむち肌を持つ女優の特性にぴったりハマっているという要素が大きい。まさに調教物を演じるために生まれてきたような女優だ。

平たく言うと、一見むちむち純真だがむっつりスケベの生徒会長に、けしからんことを教え込んで牝豚にしていくその過程が丁寧に煽情的に描かれて、「荒牧しおり」が可愛くてエロエロな作品、である。ガジェットとしてソフトSMとフェチ要素が盛り込まれてある。調教物の白眉。激推。

【FANZA】旧DMM。取り扱い本数が突出。 【MGS】ポイントが5%つく! 【DUGA】DUGAのみに残ってる場合がある。
FANZA MGS DUGA
タイトル -溺愛- 生徒会長M 荒牧しおり
分類 ドラマ シリーズ[溺愛(FAプロ)]
出演者 荒牧しおり
作品紹介 純朴で真面目そうに見える生徒会長も、人知れずスケベな妄想でいっぱい…口唇奉仕、強制性感マッサージ、3P、緊縛姦淫……ひとつ屋根の下で行なわれる「徹底調教」に、18歳の媚肉は抵抗できない!