マニアなフェチ作品【メイデン・ドールズ】

エロの表現というのは数限りなく際限なく存在するものだ、と関心どころか驚嘆せずにはいられない。「メイデン・ドールズ」というのは2014年に設立されたメーカーだが、ファウンダーの二木寸志氏は、もともと「カルテ通信」という”婦人科検診や肛門診察、泌尿器の検査や浣腸等、患者に羞恥心を与える医療行為に感応される方向けの専門誌”の元編集長であるらしい。

→「作品リスト」へ

人形というのは”人の形”であるために擬人としての属性を生まれながらに持っていて、しかしながら絶対的な無機質物であるという乖離が、時に狂おしく愛おしい存在となり、時に云われもなく怖い存在ともなる。この場合、ラブドールと限定して良いと思うが、彼女らが生を持って動きだしたならば、これはフェチの中のフェチに昇華すると言っても過言ではあるまい。

センチメンタル・ジャーニー
嬲られ人形の淫夢
Image is not available
黒百合の宴
着ぐるみ女王様の無慈悲なお戯れ
previous arrow
next arrow
Slider

ひとことで何と言おう。「きぐ☆兄妹」の作中にトロイメライが流れる。そう、トロイメライ! これら作品自体がトロイメライだと思う。何か凄い。感無量でありんす。ちなみに「ちいさな恋のものがたり」には「檸檬.」が出ていたりする。

作品リスト

メイデン・ドールズ