[作品リスト] 絶望エロス

まず「濱竜二」監督の説明からはじめよう。もともと巨匠・ヘンリー塚本監督率いる名門・FAプロに所属していた若手監督であり、シリーズで言うと「性愛」、また傑作の類を連発した→「溺愛」という作品を撮った。若い女優(JKなど)が主人公であるこれらのシリーズは、

≫ 続きを読む

熟女というFAプロのキーワードから一種逸脱した作品群ではあるが、その内容は作品を重ねれば重ねるほど深くドラマ性を帯びていき、AVなのでエロいのは当然であるものの、普通のドラマのようにセックスがタブーでないからこそ表現できる行為の中での心情の変遷、その結果としての一瞬の輝きなどを映像に留め、大量消費されていくAV作品の中で「後世の評価に耐えうる」という点において、まさに白眉と言うにふさわしいシリーズになったと思う。2016年7月。「濱竜二」監督が独立して設立したスタジオが「絶望エロス」だがスタイルとしては「溺愛」の継続と言って良い。それは同じ男優、同じ撮影現場…というガジェットの同一ということもあるが、ヘンリー塚本のテーマである「貧困の中に真のエロスがある」というベースが生きているからだ。新しい試みとしては、ドラマではなくドキュメンタリータッチのハメ撮り物「カメラの前で裸になる少女達」というシリーズが設けられた。個人的に最も注目するスタジオが誕生した。

≫ 閉じる

タイトル横の レビュー クリックでレビューへ。

2016年リリース